安全な水を飲む

ボトルが使い切りのワンウェイ方式

ここ数年間で、水は買って飲むという事が日常的になってきました。
浄水器を使ってキレイな水を飲むとい時代から、一般家庭にもウォーターサーバーを設置することです。
体に健康的で美味しいお水をいつでも飲める、冷水や温水も簡単に飲めるということで注目を集めていることが分かります。

ウォーターサーバーを選ぶ時には、いくつかのポイントがあります。
例えば、コストの面では電気代やレンタル料、水代、メンテナンスなど企業によってそれぞれ金額も変わってきます。
また、最近の企業の中には無料お試し期間があり、契約する前に実際に試しに使ってみてから、判断してウォーターサーバーを決めるというプランもあります。

そこで今回は、ウォーターサーバーにある飲み終わった後のボトルの処理方法とメンテナンスの違いについての方式の1つ「ワンウェイ方式」について説明したいと思います。
ワンウェイ方式とは、簡単に言えばボトルが使い切りとなっていて、飲み終わったらそのまま捨てることができる様になっています。
ボトルの中に入る空気を少なくすることから、このワンウェイ方式が開発されたそうです。

空気が入ることを防ぐ事で、雑菌も一緒に入ってこないようにすることができます。
衛生面ではとても優れていると思います。
ボトルの水が減っていくごとに、どんどん小さくなっていき最終的にはボトルが潰れてそのまま処理するということができるようになっています。

企業が回収しに来ることもなく、ボトルを残しておく必要もありません。
ワンウェイ方式をまとめてみると、毎回新品のボトルで水が届くので衛生的に無菌状態が保てる。
メンテナンスが不要なので料金もいらない。

使用済みボトルはそのまま処分できる。
使い切りなので業者のボトル回収もない。
自分のライフスタイルに合った方式を選んでから、ウォーターサーバーを設置してみて下さい。
各方式についても企業紹介などに掲載されているので、確認してから選んで下さい。

Menu