安全な水を飲む

ウォーターサーバーの電気料を抑えるウラ技

最近では水を買って飲むということが日常的になってきていると言っても良い程、水に対しての安全性ということに注目されていることが分かります。
浄水器を取付ければ、キレイな水が蛇口から飲めると持っていましたが、それだけでは安心できず、水は買って飲むという様になりつつあります。
そこで、水を買って飲むという方法の1つに、家庭でも使用されている方が増え続けているのが、ウォーターサーバーなんです。

興味や関心はあるけれど、トータル費用やサーバーのレンタル料、電気代など気になることはたくさんあると思います。
その中で24時間つけたままの状態でウォーターサーバーを使うことが多いと思いますが、どれくらいの電気代が掛かってしまうのか、少しでも節約することができるのかご紹介したいと思います。
先ほどもお話したように、ウォーターサーバーは1日中電源を入れたままになっています。

そうなると、電気代はやっぱり掛かってしまうと思いがちですが、皆さんが予想している程電気代は高くないんです。
約1000円前後/月くらいで、電気ポットの使用電気料と同じくらいだそうです。
それほどウォーターサーバーに電気代が掛からないということは分かりましたが、しかし、少しでも電気代を安くしたいという気持ちはありますよね。

そこで、電気代を節約する方法として効果的なことが、ウォーターサーバーで一番電気を使う時は、加熱をする時なので、温水をあまり作らないということです。
また、温度調節も節約の大きなポイントになると思います。
温水設定温度を1度下げる、冷水設定温度を1度上げるだけで、節約には十分なります。

是非お試しになってみて下さい。
節約しようと思い、使用していない時は細目に電源を切っている方もいらっしゃるそうですが、これは節約には逆効果になる可能性があります。
タンクに水が入ったまま電源を切ってしまうと、水の中に菌が発生することも考えられ衛生的には良くありません。
また、故障の原因になってしまうこともあり、サーバーが故障してしまったりすると、修理代などで高額な代金を請求されることもあるので注意しておいてください。
企業によっては、電気代がとても安いエコサーバーといったものを扱っている所もあるそうなので、ご自身のライフスタイルに合ったウォーターサーバーを色々比較してみてから選んで見て下さい。

Menu